• ホーム
  • レチノAクリームなどに配合されているトレチノインとは?

レチノAクリームなどに配合されているトレチノインとは?

2019年11月23日
マスクシートを持っている女性

レチノAクリームにニキビ治療のために配合されている成分の中で、最も効果があるとされているのがトレチノインという成分です。
この成分はそもそもどういった成分なのでしょうか。

そもそもトレチノインとは、肌のターンオーバーを促して、肌の奥深くにある皮膚を表に出してくれる効果があります。これは肌の状態を改善したり、肌の表面にある細かなニキビや薄いシミなどを改善してくれる効果がある、とされています。
肌のターンオーバーとはつまり肌の生まれ変わりという事で、代謝を促進して肌質を向上させ、肌悩みが治るまでの周期を格段に速くしてくれる、というわけなのです。特に加齢によってターンオーバーのペースが乱れたり、肌の状態が悪くなってきたような人にはとても効果が高いとされています。

もう一つの効果としては、皮脂の分泌を抑制するという効果があります。
皮脂は肌の保湿に大事な物でもあるのですが、その一方で過剰に分泌されると肌に負担になり、ニキビなどができやすくなります。このため、皮膚の状態を改善して皮脂の分泌を抑制する事が必要になり、当然ニキビ治療で大事な皮脂の抑制が期待できるでしょう。

実際に使った事がある人の感想を見ても、肌の状態が良くなったとか、シミが改善したという声があります。ニキビ治療目的の人でも、しばらく使い続けることによってニキビが治った、ニキビができやすい肌質が少しずつ改善してきた、という声が少なくありません。
特にシミやそばかすなどの治療に使われる傾向がありますので、シミやそばかすの改善に効果があったという声が少なくないのです。当然ニキビにも使われることはありますが、シミやそばかすとニキビについて悩んでいる人にとってはうってつけの治療方法といえるでしょう。

ちなみに、トレチノインはビタミンA誘導体でもあり、合わせてビタミンAを取ることによって効果をもたらす場合があります。このため、一緒に栄養分なども意識して取ることによって、肌の状態が格段に良くなる可能性も見られるでしょう。
また、使い初めには赤みやかゆみ、痛みなどが出ることもあり、表皮が向けてカサカサしてきたり、一時的にニキビがひどくなることもあるようです。とはいえこの場合も一時的な物ですので使い続けることによって肌の状態が改善するようになっています。ですが、もしこの状態があまりに不愉快だったり、痛みやかゆみに耐えられない場合は、2日に1回の利用にしましょう。