• ホーム
  • ニキビができにくい肌になりたい!その方法とは

ニキビができにくい肌になりたい!その方法とは

2020年06月07日

ニキビができにくい肌になりたいというのであれば、いくつかの方法を取り入れましょう。実は生活習慣が変わるだけで、肌質が大きく変わることも少なくありません。

生活習慣の中でも最も大事なのが、十分な睡眠です。睡眠によって体を休めたり、成長ホルモンを分泌させて肌のターンオーバーを促進する事も出来るのです。十分な睡眠は特に今の社会では不足しやすいものですから、しっかりとるようにしましょう。

また、ニキビ予防という観点でいえば、清潔な環境も大事です。清潔かどうかについては、寝具をきれいに洗ったり定期的にシーツを変える、というだけで状態が改善することもあります。
定期的に寝具は取り換えて洗い、なおかつぼろくなってきたら変えるようにすると、それだけでも肌への刺激や負担が減ることもあります。

ニキビ予防でいえば、食生活も大事です。食生活はとにかくビタミンと食物繊維を意識して取り、逆に皮脂の分泌を抑えるために脂肪分の摂取は避けましょう。間食は特に脂質が多い食事が多いので、間食を制限するだけでもかなり改善する場合があります。
間食を制限することによって肌の負担も減らし、カロリー摂取を防いで肌への負担も軽減してくれる傾向があります。このため、ダイエットをするような感覚で取り組むのも方法かもしれません。

同時に、お通じの有無も大事です。便秘は体の代謝を下げて体調を崩し、便通が悪いとそれだけで体調を崩しやすい傾向があるのです。
このため、適切な便秘ケアも大事でしょう。お通じについては食物繊維と水分の摂取が大事なので、水分を取って食物繊維を意識的にとるといいでしょう。

最後に、ストレスケアも忘れないでください。ストレスを感じることによって肌の代謝が乱れ、自律神経に負担がかかる傾向があります。こうなると肌への負担が強くなり、どんなにいい生活習慣をしていても負担が起きやすくなってしまうのです。
このため、ストレスは適切に対処して、肌への負担を取り除くと同時に、ストレス源から距離を置いたり適切に対処するようにしておきましょう。ストレスについては特に定期的に息抜きをすることや楽しみを持つことなども大事ですので、日常生活に楽しみを作るようにしてください。

ストレスについては、肌限定でいえば紫外線ダメージや乾燥ダメージもストレスにつながりやすくなっています。このため、適切なスキンケアや紫外線ケアを行うことによって肌へのストレスが軽減され、肌の状態が改善する可能性があるでしょう。