マスクシートを使用している女性
肌がきれいな女性

もしあなたがニキビを本気で治したいと思うな、色々なスキンケアよりも効果がある可能性がとても高いのが市販薬です。
市販薬といっても、いかにも薬という感じの物もあれば、そうではない物もあります。実はサプリメントのように飲む種類、内側と外側からそれぞれケアが出来る種類もあるのです。当然外からのケアとしてローションやクリームなどの塗り薬もあり、色々な種類があります。
市販薬については、色々な選び方があります。

ニキビは皮膚の処方以外に市販薬で買える

まず、ニキビ治療の方法はいろいろある、という事を覚えておきましょう。
例えば美容皮膚科に行けばレーザーやピーリングなどの処置も出来ますし、保険適用外の治療が多く、先進的で優れた治療を受ける事が出来るのです。
一般皮膚科の場合は皮膚科治療の方法は、基本的にはピーリング効果のあるクリームと抗炎症作用のあるクリームを併用するという事が中心になります。

ですが、この二つはどちらも保湿や日々のスキンケアまでは対処できません。もし本気で治療をしたいのなら、日々のスキンケアアイテムまで選ぶ必要があるのです。
実は保険適用外の、一般的な市販薬を買う場合はこういったスキンケアとの相性も考えて選びたいところでしょう。また、こういった市販薬は基本的に肌の調子を整えてくれるだけではなく、新しいニキビをできにくくするという効果を持っています。

基本的に市販薬の場合は、いくつかの種類があります。
ひとつはまるで市販薬なのに処方薬のような見た目のもので、クリームのタイプが多いでしょう。デザインがシンプルなことは当然ですが、色々なスキンケアに対応していたり、ニキビ治療のみに特化しているものもあります。
ピーリングなどの効果がある物は特にほかの効果を期待しているものも多いため、他の肌荒れにも対応できるものもあるのです。

また、化粧水や洗顔などのライン使いが出来るもの、まるで普通のコスメと同じように使えるものなどもあります。この場合はコスメとの相性を考えることはあまりなく、自分にとって使いやすそうなものを自分の肌感覚で選べばいいので、使いやすいのではないでしょうか。

その他にも、市販薬は飲むタイプもあります。これは薬局などで美肌対策用としてのめるサプリメントや漢方、ビタミン薬というタイプもあるので、好きなタイプを選ぶのも方法です。
サプリメントについては内側から効果を出すタイプなので、実はすぐに効果が出るものばかりとは限りません。中には数か月飲み続けることで調子を改善できるものもあり、比較的簡単に改善できるものよりも長く続けることで肌本来の抵抗力を強化したり、美肌に近づけるようなものが多いのです。
このタイプはしばらく続けるように心がけましょう。

ニキビの市販薬はどうやって選べばいい?

ニキビの市販薬については、いくつかの選び方があります。
スキンケア効果がある物であれば自分で店頭に行き、サンプルを使ってみて選ぶ方法です。店頭では大体テスターといわれる置いているものがありますから、ニキビ対策用のものを選んでそのサンプルを少しだけつけてみるといいでしょう。保湿効果が高い物やライン使いした時の使用感などで選ぶという方法があります。

もう一つは肌への負担を避けるために、一度トライアルキットやトラベルキットなどのミニサイズを探すという方法もあります。そもそもスキンケアアイテムをそのまま買うのであれば量も多く肌に合わなかったときの肌ダメージもお財布へのダメージも大きいので、肌に合わなかったときのリスクを回避するために小さい物から始めましょう。

また、市販薬であれば通販というのも方法です。
通販の場合は有名なサイトや専門のサイトがあるのでそれを使ったり、処方薬が無くても買える海外からの個人輸入も選択肢に入るでしょう。

ニキビの市販薬については、他にもいろいろな選び方があります。
例えば塗り方が夜だけのものや朝昼も塗る必要がある物がいい場合や、成分によってその後のケアが変わる場合もあります。このため、購入前に使い方をチェックしたり、使った人の口コミは要チェックです。

また、そのほかにもおすすめの内容や情報で調べるというのも方法です。
おすすめされているものは口コミがいいこともありますし、当然塗り方なども使いやすくなっていることが多いのです。
今ではニキビ対策用には多くの所品がありますから、口コミやおすすめなど自分で使ってみた感想などをしっかり伝えてくれるところがいいでしょう。

気をつけたいのは、アレルギーなどの問題です。もし最初から自分にはこういうアレルギーがある、と分かっているのなら、その成分を含んだものは最初から避けるようにしましょう。飲むタイプは特にどういう原料を使っているか分かりやすいでしょうから、それらを確認してから使用してください。
少なくとも、内容や使い方がよく分からないような薬を使うのは良くありません。成分表示やそれらの内容を確認してから購入するようにしておくと、ハズレにくくなります。